メジャーリーグの球場をみることが大好きです。

私は自分自身が草野球チームに所属していることもあって野球が大好きなので、テレビでも野球はよく見ています。

 

しかし、日本のプロ野球よりもアメリカのメジャーリーグの方がよく見ています。

 

世界から集まってきた優秀なプレイヤーたちのプレイは見ていてやはりすごいと思ってしまうのですが、私がメジャーリーグを好きな理由はそればかりではなく、野球場そのものを見ているだけで楽しいからです。

 

日本の野球場の場合、プロ野球で使用される球場はドーム式で人工芝というのが大半です。そして外野は扇形で左右対称にできているというのが普通で、メジャーリーグの野球場に比べるとファウルグラウンドも広いのが特長です。ファウルグラウンドが広いというのは、それだけプレーする選手と観戦者との距離があるともいえるのです。

 

一方、メジャーリーグの球場はオープンエアで総天然芝というのがほとんどです。きれいに刈られた芝を見るだけでも気持ちよく、見ていて癒されます。外野も扇形というより直線で作られたフェンスが多く、左右も非対称といった少しいびつな形でできています。そのため、各球場で個性があるため、とても楽しいのです。

 

外野スタンドなどには遊具施設やプール、オブジェを設置した球場もあり、まさにパークで、日本の球場ももっと工夫をすれば楽しくなるのにと思います。